MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-70

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は131~135位の発表です。
 


Live at the Village Vanguard★135.SOFTLY, AS IN A MORNING SUNRISE
LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
ジョン・コルトレーン
 


TUTU★133.TUTU
TUTU
マイルス・デイビス
 


ロング・イエロー・ロード★133.LONG YELLOW ROAD
LONG YELLOW ROAD
秋吉敏子
 


オフランプ★132.ARE YOU GOING WITH ME?
OFFRAMP
パット・メセニー・グループ
 


Dark Beauty★131.RUN AWAY
DARK BEAUTYY
ケニー・ドリュー
 


 
 “我らが”パット・メセニー・グループの【ついておいで】がランクイン
 パット・メセニー・フリークの間では名曲の誉れ高し【ついておいで】。ただし管理人は【ついておいで】をそんなに評価はしていない。

 理由は【ついておいで】=【フェイズ・ダンス】説。『想い出のサン・ロレンツォ』の2曲目が【フェイズ・ダンス】なら『オフランプ』の2曲目が【ついておいで】。どうにもかぶる。ナチュラルなフォーク・タッチの演奏から余裕しゃくしゃくな雰囲気が匂っている。

 【ついておいで】はパット・メセニー・フリークの間では10位であろうが,ジャズ喫茶の頑固オヤジ・ランキングでは132位。ジャズ喫茶のマスターを夢見た管理人の評価も132位。妥当と思うが一言物申す。

 『オフランプ』の代表曲なら【ついておいで】ではなく【ジュームス】だろうが~。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました