MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-81

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は76~80位の発表です。
 


フル・ハウス★80.FULL HOUSE
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー
 


ソング・フォー・マイ・ファーザー★79.SONG FOR MY FATHER
SONG FOR MY FATHER
ホレス・シルヴァー
 


ソロ・オン・ヴォーグ+1★78.‘ROUND ABOUT MIDNIGHT
SOLO ON VOGUE
セロニアス・モンク
 


ポートレイト・イン・ジャズ+1★77.BLUE IN GREEN
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス
 


リターン・トゥ・フォーエヴァー★76.SOMETIME AGO – LA FIESTA
RETURN TO FOREVER
チック・コリア
 


 
 ホレス・シルヴァーの【ソング・フォー・マイ・ファーザー】がランクイン
 あのスティーリー・ダンもカヴァーしたキャッチーなメロディー・ラインと粘っこく腰の重いボッサベース・ラインで“ファンキー・ジャズ”したホレス・シルヴァーの“決定的”名演である。

 ポップな曲調にダークな演奏。ファンキー・ジャズ好きの“病みつき率”は相当に高い。ついついリピートしすぎて腹に溜まってしまう。それでも決して飽きがこない。
 言わば「ファンキー・ジャズのかっぱえびせん」。それが【ソング・フォー・マイ・ファーザー】の真髄であろう。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. クワガッタン より:

    有名何処が勢揃いしてますね!
    ホレスさんのこの曲は、モダンジャズの名曲ですね。
    一度聴くと、あのメロディーが頭から離れません(笑)
    「ブルー・イン・グリーン」は、エバンスの美が詰まった名曲であり名演ですね。
    「フル・ハウス」は、テンション上がりますね!
    今でも大好きです。ジャケットも格好いい♪

  2. セラビーセラビー より:

    クワガッタンさん,コメントありがとうございます♪
    有名何処が勢揃いです。TOP100以内のランキングは何を取り上げようか悩んでしまいます。
    今回のホレス・シルヴァーはクワガッタンの仰る通り「一度聴くと、あのメロディーが頭から離れません」ので。
    【ブルー・イン・グリーン】【フル・ハウス】は,クワガッタンさんに紹介していただきましたので残る2トラックもプチ批評。
    【ラウンド・ミッドナイト】は思いのほか明るめのミッドナイトですし【サムタイム・アゴー~ラ・フィエスタ】のラスト盛り上がりがピュアです。

タイトルとURLをコピーしました