MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-96

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回はお待たせしました。栄光のTOP5の大発表!
 


マイ・フェイヴァリット・シングス★5.MY FAVORITE THINGS
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン
 


サキソフォン・コロッサス★4.ST. THOMAS
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ
 


Waltz for Debby★3.WALTZ FOR DEBBY
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス
 


'ROUND ABOUT MIDNIGHT-1★2.‘ROUND MIDNIGHT
‘ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス
 


サムシン・エルス★1.AUTUMN LEAVES
SOMETHIN’ ELSE
キャノンボール・アダレイ
 


 
 ついに栄光のTOP5の大発表! キャノンボール・アダレイマイルス・デイビスビル・エヴァンスソニー・ロリンズジョン・コルトレーンの代表トラックがズラリ! もはやどれが1位を取ってもおかしくありません。

 でもやっぱりジャズ・ファンは【枯葉】が大好き。マイルス・デイビスが吹く【枯葉】が大好き。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,キース・ジャレットチック・コリアの【枯葉】が誕生した。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,武骨なビル・エヴァンスウイントン・ケリーの【枯葉】が誕生し,マイルス自身の『イン・ベルリン』『イン・ヨーロッパ』が誕生した。そしてまた今夜も世界のどこかで【枯葉】が演奏されている…。

 2016年の今でもTOP500を投票したら「似たり寄ったり」のランキングになるような気がします。いいや,30年振りの「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」は“日本のキャノンボール・アダレイ”こと矢野沙織ちゃんが上位ランクイン

 とにもかくにも96回の長期連載もこれにて終了です。毎月毎月感想をメールで送ってくださった,のぶひでさんにも感謝感謝。その他900名の読者の皆さんにも感謝感謝。皆さん,10年間のご愛読本当にありがとうございました。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. shuri より:

    友よ。このたびの連載記事の完結、まことにおめでとうございます。同時に96か月もの超長期連載を成し遂げえた継続する力に敬意を表します。ともあれ、お疲れさまでした。
    実はひそかにBEST:1は、エヴァンスの「WALTZ FOR DEBBY」ではと想っていたのですが。
    でもキャノンボール・アダレイの「AUTUMN LEAVES」と、マイルスの「ROUND MIDNIGHT」のワンツーであれば、小生のような素人にも、“何となく”納得できるというものです。とはいえ「超エヴァンスビイキ」の小生には……ちょっと惜しい気もしますが。
    貴兄曰く、『でもやっぱりジャズファンは「枯葉」が好き』……に嬉しくなりました。貴兄もご存じのように、たった数曲しかない小生のジャズサウンド分析の中に、ビル・エヴァンスの「AUTUMN LEAVES(枯葉)」を選んでいたのですから。
    ともあれ、小生のブログでも「お祝い―完結:MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP 500」の記事を少々……。
    さてさて、今夜は「ROUND ABOUT MIDNIGHT」まで「AUTUMN LEAVES」シリーズでいきやしょうかね……。

  2. セラビーセラビー より:

    shuriさん,コメントありがとうございます♪
    ありがとう我が友よ。shuriさんもたくさんメールくださいましたね。ビル・エヴァンスとかデイブ・ブルーベックとかMJQに偏っていましたけど。うれしかったです。
    ここまで継続できたのもshuriさんの励ましのおかげだと思います。エヴァンスの「WALTZ FOR DEBBY」。残念でした。やっぱり1位は管楽器でないとJAZZ喫茶マスターたちは納得されないのでしょうね。
    そろそろ2人お花見の季節ですね。TOP10でも順番通りに流しながら部屋でバーボン呑みましょう。

  3. shuri より:

    今年の「お花見」は、96か月のねぎらいを兼ねてということにしましょう。
    「TOP10」を順次流しながらのバーボン……、貴兄の連載完結と年度始めにふさわしいですね。その日を楽しみにしています。

  4. セラビーセラビー より:

    shuriさん,コメントありがとうございます♪
    「TOP10」を順次流しながらのバーボン。要日程調整。

タイトルとURLをコピーしました