スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1967年度(第1回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1967年度(第1回)の発表です。
 


ゴールデン・サークルのオーネット・コールマンVOL.1★【金賞】.ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1
オーネット・コールマン
 
 


エクスプレッション★【銀賞】.エクスプレッション
ジョン・コルトレーン
 
 


イベリアン・ワルツ★【日本ジャズ賞】.イベリアン・ワルツ
渡辺貞夫&チャーリー・マリアーノ
 
 


限りなきドラム★【録音賞】.限りなきドラム
マックス・ローチ
 
 


Consequences Ft Don Cherry & a★【特別企画賞】.フォンタナ・ニュー・ジャズ・シリーズ [8作]
 
 
 


His Mother Called Him Bill★【特別賞】.デューク・エリントン [3作]
 
 
 


 
 1967年当時のジョン・コルトレーンこそが「時代の寵児」であった。マイルス・デイビスを超えるジャズ界のリーダーであった。『EXPRESSION』は,そんなジョン・コルトレーンの“遺作”である。

 しかし,死の5ヶ月前の演奏であって『EXPRESSION』は「死の直前」の遺作ではない。
 ただし「死をどこかで意識した」虚飾を廃し,純粋にインプロビゼーションの完成だけに思いを集中した演奏が,とめどなく美しい。
 ジョン・コルトレーンは,演奏中にいつ死んでもおかしくなかった。それ位にハードすぎる,身を削るフリージャズを先導していた。

 『EXPRESSION』は【銀賞】に値する。尤も,ジョン・コルトレーンのアルバムはその全てが【銀賞】に値する。そう思っている。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました