スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1976年度(第10回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1976年度(第10回)の発表です。
 


インサイツ★【金賞】.インサイツ
秋吉敏子~ルー・タバキン・ビッグ・バンド
 
 


“CLOSENESS”DUETS★【銀賞】.クロースネス
チャーリー・ヘイデン
 
 


Where Is Love★【ボーカル賞】.恋の行方
アイリーン・クラール
 
 


GUILD FOR HUMAN MUSIC★【日本ジャズ賞】.ギルド・フォー・ヒューマン・ミュージック
富樫雅彦
 
 


エイト・マイル・ロード★【録音賞(海外)】.エイト・マイル・ロード
川崎燎
 
 


SIDE by SIDE 2.★【録音賞(国内)】.サイド・バイ・サイド2
八城一夫トリオ
 
 


★【編集企画賞】.MCAビッグ・バンド・ジャズ・シリーズ [全12作]


メエルストルムの渦★【編集企画賞】.メエルストルムの渦
レニー・トリスターノ
 
 


観自在★【制作企画賞】.観自在
佐藤允彦
 
 


 
 ジャズ・ディスク大賞は【金賞】【銀賞】【日本ジャズ賞】しか意味がないと思っていたが【編集企画賞】は,どうしても必要だと思うようになった。
 【編集企画賞】の存在によってレコード会社のモチベーションが上がるのであれば,この賞を乱発してもよい。

 「生きる伝説」と化していたレニー・トリスターノを“拝み倒しては”過去の発掘音源の発売権を交渉・獲得してきた「EAST WIND」の熱心な仕事ぶりは最大限の称賛に値する。
 『メエルストルムの渦』の発売はジャズの歴史において大変貴重なものだと思う。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました