グラミー賞

グラミー賞

第62回(2019年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2019年度のグラミー賞は,ビリー・アイリッシュ一色! ノミネートの段階で全部で6部門にノミネート。主要4部門全てにノミネートされたアーティストとして史上最年少記録(ノミネート当時17歳)を更新。  ノミネートされた6部門のうち5部門で受賞を果たし,主要4部門の全制覇となった。主要4部門の独占はクリストファー・クロスに次いで,39年振り,史上2人目の快挙。  テイラー・スウィフトが保持していたソロ・アーティストとしてのアルバム賞受賞の最年少記録も塗り替えた。一方,彼女のプロデ...
0
グラミー賞

第62回(2019年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2019年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ ELSEWHERE / Melissa Aldana, soloist ☆ SOZINHO / Randy ...
0
グラミー賞

第61回(2018年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2018年度のグラミー賞は,‟アメリカの星野源”ことチャイルディッシュ・ガンビーノが「年間最優秀レコード」と「年間最優秀楽曲」の主要2部門を含めた4冠受賞。ヒップホップが主要部門を初受賞+「最優秀ミュージック・ビデオ賞」は,東京出身の映画監督=ヒロ・ムライが監督を務めていたことが話題となった。  バッシングを嫌う「女性のグラミー」としてのメッセージは,昨年の「#MeToo」の反動なのであろう。  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブ...
0
グラミー賞

第61回(2018年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2018年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ SOME OF THAT SUNSHINE / Regina Carter, soloist / Track f...
0
グラミー賞

第60回(2017年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2017年度のグラミー賞。世間的にはブルーノ・マーズが主要含む6冠受賞。ケンドリック・ラマーが5冠受賞。  いいや,それ以上に「白いバラ」と「タイムズ・アップ」であろう。ミュージシャンが政治的にも大きな影響力を及ぼすことが証明されたグラミー賞となった。  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で~す。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ★ M...
0
グラミー賞

第60回(2017年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2017年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ Can't Remember Why / Sara Caswell, soloist / Track from:...
0
グラミー賞

第59回(2016年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2016年度のグラミー賞。世間的にはグラミー賞史上初となる,アデルの2012年に続く2度目の主要3部門受賞であろう。あるいは内田光子の日本人初となる2度目の受賞であろう。  個人的にはストリーミング・サービスでの無料配信のみという形で音楽を発表していたチャンス・ザ・ラッパーがグラミー賞の規定を改訂させた上での,最優秀新人賞を含めた3冠受賞が世界を変えた!  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で...
0
グラミー賞

第59回(2016年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2016年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ Countdown / Joey Alexander, soloist / Track from: Countd...
0
グラミー賞

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2015年度のグラミー賞は,テイラー・スウィフトの3冠である。特に「年間最優秀アルバム」の2度の受賞は女性アーティスト史上初の快挙である。おめでとうございます。  管理人的には小澤征爾が8回目のグラミー賞・ノミネートで80歳にしての初受賞は「8度目の正直」!  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で~す。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ...
0
グラミー賞

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2015年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ Giant Steps / Joey Alexander, soloist / Track from: My F...
2
グラミー賞

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2014年度のグラミー賞。管理人的にはレディー・ガガ&トニー・ベネットのデュエットである。ネットでパフォーマンス映像を見つけたが,これは見応えがあった。なんだかレディー・ガガにハマリそうで恐い?  世間的にはサム・スミスが主要3部門を含む4冠達成。しかし話題はサム・スミスではなく,決して素顔を明かさないシーアの背中越しのパフォーマンス一色のようでして…。  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で...
0
グラミー賞

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2014年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ The Eye Of The Hurricane / Kenny Barron, soloist / Track...
0
グラミー賞

ウェイン・ショーター / グラミー受賞履歴

 大・大・大好きなウェイン・ショーターが8年振り10回目のグラミー受賞! ということでウェイン・ショーターが「スーパートリビア」への“強制”殿堂入りを果たしました。  しかし…。マジマジ見ると物足りない。ウェイン・ショーターの実力にグラミーの受賞回数が追いついていない!  ジャズ・メッセンジャーズの音楽監督から始まって,ヴィー・ジェイ~ブルーノートでのソロ活動。そしてマイルス・バンド~ウェザー・リポートの“最強名盤”にはウェイン・ショーターが必ず参加していたこの事実!  まっ,管理...
4
グラミー賞

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2013年度のグラミー賞は,ダフト・パンクが主要2部門を含む5冠達成もヘルメット・パフォーマンスでダンマリ…。バイオリニストの五嶋みどりさん…。  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で~す。  ん?2 例年では2月中旬に発表されていたので今年は現地時間で1月26日。日本時間で1月27日。時代が社会が動いている? Category 31. Best Improvised Jazz ...
2
グラミー賞

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2013年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 31. Best Improvised Jazz Solo ☆ Don't Run / Terence Blanchard, soloist / Track from: Mag...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました