MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-2

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。  そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。  ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》  「MODERN...
6
グラミー賞

第48回(2005年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2005年度のグラミー賞は,復活を果たした“マライア・キャリーのための”グラミー賞と言われていましたが,残念だったようで…。U2の方は…。  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかったですね。  早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 - JAZZ』の受賞作の発表で~す。 Category 45 - Best Contemporary Jazz Album ★ The Way Up / Pat Metheny Group ...
4
MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-1

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。  そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。  ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》  『ジャズに名曲...
2
JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-6

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》  「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。  ついに栄光のTOP5の大発表!...
2
グラミー賞

第48回(2005年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズ/フュージョンの総決算。  2005年度のグラミー賞『FIELD 10 - JAZZ』部門について勝手にレポートしてみます。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 Category 45 - Best Contemporary Jazz Album ☆ Keystone / Dave Douglas ☆ Soul...
0
JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-5

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》  「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。  今回は6位~11位の発表なので...
0
JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-4

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》  「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。  今回は12位~16位の発表です...
0
JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-3

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》  「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。  今回は17位~20位の発表です...
0
JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-2

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》  「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。  今回は22位~24位の発表です...
0
JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-1

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》  この印象的なナレーションで始まる「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」は,F...
0
タイトルとURLをコピーしました